求人募集のご案内(養成制度)

【 養成制度による乗務員募集について 】

 この度は3年ぶりの募集となりましたが、5月の採用で当面の定員が確保できました。

 一方で、残念ながら「養成制度」への応募者はありませんでした。この制度は4年前から始めたもので、普通免許しか持たないが、バス乗務員希望者のため、会社が資格取得費用を全て負担し、現在の仕事を続けて頂きながら「大型二種免許」等の資格を取得していただくというものです。

 この4年間でホテルのサブマネジャーとして在籍しながら3カ月余りで大型二種免許を取得してもらい、円満退社で転籍してもらった30代の男性を始め、養成制度で6人の乗務員、運管資格を持つ兼務乗務員が誕生し活躍しています。

 当社は業界でもトップクラスの待遇を維持していることもあり、この3年間で30代2人、20代2人の若い乗務員も誕生しています。また、社員の定着率も高さも評価していただいておりますが、「安全がすべて」に続く企業理念として初代社長以来54年間「人を大切にする」を基本テーマに掲げております。

 免許取得ルールも緩和されています。従来は大型二種免許を取得する条件として普通免許取得後3年以上経過というルールがあり、最短でも21歳にならないとバス乗務員にはなれませんでした。この規制が緩和され普通免許取得後1年以上という特別ルールも誕生しました。このため、最短19歳から大型二種免許取得が可能となっております。

 バス会社は地域の利用者の足を守り、大きな社会貢献をしておりますが、乗務員不足が恒常的な社会問題にもなっています。全国で路線の「廃止」、「減便」などが相次いでおります。直接的には、コロナ禍によるバス会社の経営不振が乗務員の待遇低下を引き起こしていますが、路線バスの乗客減と貸切バス業界の過当競争が激化し、「仕事が増えても乗務員の待遇改善に繋がらない」という悪循環が続いておりました。現在は経営体力のない貸切バス事業者の退場も増えて新たな業界秩序への模索が続いております。

 当社は、東北では中堅のバス会社で、現在64人の乗務員で55台のバスを運行しています。今後とも業界の足並みをそろえて「バス乗務員の魅力」を高めて行くとともに、「養成制度」にさらに力を入れて参ります。「バスを運転してみたい」、「バス会社を実際に見てみたい」という方がいらっしゃいましたら是非、下記の当社窓口まで相談下さい。


【 バス運転士「養成制度」の候補者募集 】

■資格 普通免許取得後1年以上経過者
■待遇 委細面談 当社規程による、社会保険完備
■応募方法 履歴書郵送または持参
■必要書類 免許証(写し)、運転記録証明書(過去1年間)


【 詳細については、下記までお問い合わせ下さい。】

〒981-3124
宮城県仙台市泉区野村字新馬場屋敷14番地 東日本急行株式会社  担当:総務部(佐藤・河合)
TEL:022-218-3131(平日:午前9時〜午後5時まで)

メールでのお問い合わせはこちらから